無題

久しぶりのブログが悲しい話で申し訳のだけれど、
モモンガが亡くなってしまいそうで、かなり衰弱してしまっている。

もう6歳近いと思うので、寿命的なものもあるのかもしれないけれど、
大事に飼えば15年も生きる、なんて見ると飼い主として反省することが多い。
もっとああしてやれば、こうしてやれば、なんてこういうときにはほんと思うものだ。

今朝病院に連れて行って、内服薬のシロップをもらって
舐めさせてはいるものの、夜になるにつれて弱ってきているようで
ペースト状のエサなら少しは食べるけれど好物を見せても無反応。
食事も取れなくなってきたのか。

そろそろ覚悟しないといけないのかな。と
思いたくないけれど思わないといけないのかもしれない。

せめて最後を看取ってやりたいけれど、仕事も忙しい時期で
働きに行かないといけない自分が嫌になる。

もっともそんなことにはならず、何事もなかったかのようにすっかり元気になってくれたりすればいいのだけど。

この冬はいろいろ工夫して温かく過ごせるようにしたつもりだったものの
何度も半冬眠に入らせてしまったのがきっと悪かったのだと思う。

とにかく元気になって欲しいな。