カテゴリ:祭り・イベント( 38 )

絶賛上映中の心が叫びたがってるんだをふらっと見に行ったら、
思いのほかツボにはまる要素が多くてすっかりはまった。

そんなわけで秩父に行きたくなったので
ちょっと調べてみたら、龍勢が11日だったことを発見

せっかくなので11日の秩父に行ってきました。

とか簡単に書いてみたものの、
だいたい秩父までが3時間弱で、西武秩父駅前からのシャトルバスで龍勢会館まで40分
そこからも歩くので、片道4時間くらいの龍勢祭
日帰りで行くにはなかなかの距離。
おかげで会場にたどり着いただけでも中々の達成感。

龍勢は今日一日で30発上がるようで、だいたい15分に一発は上がるし
遠くから見るとは言え迫力あるので、実際会場で見るとすごく楽しい。

それに花火みたいに安定して上がるものでもなくて、
そこそこ失敗するロケットもあるので、応援のしがいもありました。笑。


a0296897_00490357.jpg

a0296897_00491382.jpg

a0296897_00492138.jpg


龍勢が上手くあがって、花火みたいに弾けると
中から落下傘とか降ってくるのが面白い。

遠くの山に落ちるので、詳細はわからなかったけれど
紙飛行機みたいなものも飛んでるな。

もうちょい望遠のレンズも持っていけばよかった。


午後の1時からの龍勢は超平和バスターズ名義で、
この時が客席も一番ぎゅうぎゅうしてました。

やけに皆後ろの櫓を撮っているので自分も眺めていたんだけど
ドラマのあの花のじんたんの役者さんがいたようで。

身内の応援にしてはイケメンがいるなとは思っていたんだけど
ドラマ見た割にはわからなかった。汗




だいぶ間が空いたが、、
a0296897_14103195.jpg

函南猫おどり

毎年いろんな猫出し物があって、
遠くても行ってみると楽しい祭り。

猫ダンス

a0296897_14123132.jpg

猫空手

a0296897_14124368.jpg

猫よさこい

a0296897_14131180.jpg

a0296897_14141030.jpg

a0296897_14142667.jpg
毎年の沼津熱風舞人さんが
またこの会場によく合っていて
猫おどりの楽しみだったり。


そして猫おどりコンテストあり、

a0296897_14162194.jpg

総踊りあり

a0296897_14171207.jpg

a0296897_14173243.jpg


一日の祭りで盛りだくさんで、

じわじわと毎年規模が大きく、しっかりと
してきているような気がするので、

そろそろ全国区の祭りになるのではないか、と
密かに楽しみだったりします。

最後の花火まで見ると帰りが終電近くてヒヤヒヤするんだけど
来年も行ってみたい祭りだった。

a0296897_14211383.jpg


そういえば今年はフォトコンテストは無いのかな。







2年ぶりに函南猫おどりに行ってきました。

片道3時間くらいと、ちょっとした小旅行なんだけど、
ここで最後に見られる打ち上げ花火が、
距離がとても近くて見やすくて楽しいので
とても楽しみだったり。

今年も花火目当てで三脚持って、
35mmのレンズを持っていったら
35mmじゃ収まらない大きさで、
小さな規模でも大迫力な花火を楽しみました。


距離が近いので花火の打ち上げ場所もよく見えるので、
上空で開いた花火を見たり、地面から打ち上がるところを見たり
東京の花火大会では考えられない贅沢^^

遠出して見に来た甲斐があったというもの。

a0296897_03021122.jpg
a0296897_03043074.jpg

a0296897_03121934.jpg

a0296897_03042742.jpg
a0296897_03044701.jpg
a0296897_03043368.jpg

a0296897_03115398.jpg


2015年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!
22日

新宿花園神社の酉の市に行ってきました。

去年は浅草の酉の市に行ったのですが、すさまじい人の数。
皆こんなに熊手買うのかと驚くほどの人ごみも、
浅草という土地柄もあるのかと思っていましたが
新宿の酉の市も負けず劣らず会場一体が大渋滞になりました。


見事な熊手がずらっと並ぶ酉の市はそれはもう見ごたえがあって、
特に買うわけではないのだけど見ているだけでも楽しい。

商売繁盛の縁起物とはいえ、
これだけ派手にやってくれると気持ちいいものです。


a0296897_1225014.jpg


a0296897_1225910.jpg


a0296897_123810.jpg


a0296897_123145.jpg




しかし、そこまでなら浅草の酉の市でもいいのだけど、

今年は新宿に来てみたのは、
ずばり見世物小屋


a0296897_1304017.jpg



噂に聞いていた胡散臭い怪しい雰囲気と、見たあとのガッカリ感を
一度生で味わってみたかったのでした。

今年の演目は

メコン川流域の首狩族
逃げ遅れた病気老人
やもり女(メイン?)
七つの乳を持つ女
ジャングルウーマン

の5本立てだそうで、
どれもエログロで下世話な期待どおり…いやそれ以上の怪しさ

というかすでにこの看板がいい感じ^^


入口から入って、だんだん奥へと詰めていって、
一度見た演目がもう一度出てくるときには出口までつめてお金払って退場、という見世物小屋システム

演目はどれも想像を超える想像以下で
見世物小屋の醍醐味?を味わうことができました。笑。


すでに絶滅といってもいい状態で、
年に数箇所でしか見られなくなった見世物小屋。
なくなる前に見に行くことができてよかったです。

どちらかというともう見たくない内容なんですが、笑。
またやってたら見に行くんだろうなーと楽しみにしてます。
18日、川越まつりを見に行ってきました。

今年は昼と夜の両方を、と思ったりはしたものの、
家から若干遠いので結局行くのが遅れて夜に到着。

本川越の駅について外に出ると、すでにものすごい人の数で、
そういえば川越まつりって混むんだったなーと早くも不安を感じたり^^;

あまり下調べもせずに行ったので会場も内容もよくわかっていないのですが、
2年前に一度来ているのでその記憶を辿って歩いてみると、

さっそく獅子舞が子供の頭にかぶりつき。笑。

a0296897_21423730.jpg


子供大泣き。
それはそうだろう。笑。


川越まつりのメインは山車で、
川越の各町が山車を引き回して、他の山車と遭遇すると戦い(パフォーマンス対決?)
がはじまるというのが見所だと思っているので、山車を求めて町の中へ。

どこからどこまでが会場なのかわからないほど広大な町の中を歩いてみると
思いのほかすぐに山車に遭遇~
そしてすごい観光客の数。数。数。

a0296897_21464036.jpg


そういえば前に来た時も歩くこともまともにできなくなっていたっけ。
そのときは全29台出陣という大祭りだったのだけど、
21台でも人ごみは変わらず。
全然身動き取れませんでした。


まあでも、動けないでいるところに山車が来て
上手いこと近くで山車の勝負が始まったりすると楽しくて、
時間経つのも忘れます。

a0296897_21493290.jpg


a0296897_21495079.jpg


a0296897_215023100.jpg



川越のレトロな景観に映える山車と提灯の灯りがとても綺麗で

そこに祭りの熱気が加わって、

祭りとしては最高なのではなかろうか、と。


a0296897_21525743.jpg


a0296897_21531096.jpg


a0296897_21533093.jpg



山車が始まったのがたぶん19時くらいで、
20時半頃には帰ろうと思っていたのが、気づけば21時半のアナウンス。

我ながらずいぶんと夢中になって見ていたようです。


a0296897_2156087.jpg


a0296897_21561923.jpg


a0296897_21563821.jpg



慌てて帰らねば、と駅に向かおうとしたものの、
観光地にもなっている川越は町並みにも見ごたえがあって、
そこを通る山車が見ごたえありすぎて、キョロキョロしながら歩いていたら駅と逆走

15分くらいで駅に戻れるはずが45分かかって危うく終電になりかけました^^;
でも無事に帰れて良かった。

今年は比較的夜も寒くなくて過ごしやすく、
とても楽しかった川越まつりになりました。

しかしやはり今度は昼から行って、蔵の町並みも眺めてみたいです。


a0296897_21595413.jpg

にっぽんど真ん中祭り
通称「どまつり」に行って来ました。


毎年原宿スーパーよさこいと日程が被るので、気になりつつも行けずにいたのが今年は1週ずれたので初遠征


とはいえ月初に東北に行って出費もかさんだので行き帰りバスで宿泊も格安な節約コース。
なので滞在も30日の午後から31日の夕方まで、とファイナルも見られない短期のスケジュールでしたが、見たかったものが見られて、会いたい人にも会えて、大満足な遠征になりました。


(と過去形にしているが、書いている現在帰りのバスが渋滞にはまって大幅着時間ぶっちぎり中)




30日は午後2時頃に名古屋について、駅近くに行ったら流し会場にて風林火山発見!

a0296897_253766.jpg


見たかったひとつなので、写真撮るには全然遠かったけど早々に演舞を一本見ることができてラッキー


そのあと駅近くの別会場を探して歩くも、名古屋駅でかすぎ
広すぎてなかなか見つからず、やっと音が聞こえて向かった先にはCHIよREN北天魁の旗が!

しかし赤信号に阻まれ、会場に着いたらちょうど終わってました。
今年初CHIよREN北天魁お辞儀で終了

a0296897_25769.jpg



そこで一度宿泊のホテルにチェックイン
すごい安かったのだが、部屋に入ったら驚きのうなぎの寝床

a0296897_264516.jpg


この狭さは初体験だ~
まあ寝るだけだから十分なんだけど、シャワーもトイレも共同で冷蔵庫無しカミソリ無しはなかなか。
でもたまにはこういうのも楽しい


チェックイン済ませたので、電車に乗ってメイン会場のある栄へ
まずは流しを見に行くと、さすがにすごい人で場所見つけるのが大変
それでも空きを見つけてカメラを用意して写真を撮ると、沿道が綺麗だしpressのカメラマンもほとんど前を塞ぐことがないので、すごく快適でした。
2日いて感じたのは、どまつりは出演者と見る人のことをよく考えて運営されてるなと。
よさこい的な祭りのなかでは一番だと思います。

a0296897_271835.jpg


a0296897_272536.jpg



そんな感激をしつつ、流しで今度こそCHIよREN北天魁を見て、その他どまつりならではのスケールの大きなチームにもいくつも遭遇できて、最後はファイナルシード決定戦のメインステージへ。


メインステージは作りも立派で照明も素晴らしくて、踊り子さんもかなりテンション上がりそうな感じですね。


まずはゲストのチアが会場をものすごい沸かせて、さらに北海道大学縁が盛り上げに盛り上げて、ファイナルシード決定戦始まる前から会場熱すぎ。
後、縁の会場人気高過ぎ(特に女性人気)

a0296897_261372.jpg


a0296897_272337.jpg



そして始まったファイナルシード決定戦は全12チーム全てがスケールがでかくて、度肝12個抜かれました。
ただただ感動。

a0296897_2213924.jpg


どまつりはすごく熱いですね。
熱気に乗せられて思わず総踊りまで踊ってきました。




31日は朝からメインステージ
試しに1ブロック分有料席を買っていたので、まずはそこで見下ろし観覧


ステージから離れているので写真撮るにはあまり向かないかなーと思ったものの、縁を撮るには最適な距離だったかも。笑。

a0296897_282483.jpg


a0296897_2105857.jpg



今回、初どまつりで知ったチームも少ないので、あまりスケジュールに縛られることなく、目にはいったものを撮りながらいつもより少し心に余裕を持って写真を撮り歩くことができました。

a0296897_211913.jpg


a0296897_2111753.jpg


a0296897_7442256.jpg



31日は天気がよくて、栄の会場は空も緑も綺麗で撮り甲斐がすごくあったんだけど、とせっかく会えた人ともゆっくり話したかったけれど帰りのバスが早いので14時過ぎには栄を離れて名古屋へ。


名古屋駅が広すぎて前日迷子になったのを踏まえたものの、やっぱり迷子になったので余裕をみた時間を使い果たして、いい時間にバス乗り場到着。


無事にバスに乗ることができたのでよかったけれど、渋滞にはまって2時間遅れ
新宿で降りる予定を横浜下車に切り替えて、なんとか日付は変わったものの家に帰ることができました。
ひと安心


後は画像を整理してブログにあげていけたらな、と


東北と原宿スーパーよさこいが途中なので順番ややこしくなりそうだけど、、
まあボチボチと。。
ステージでのさんさをやっていた時間、
駅前では広場でのさんさの演舞が行われていました。

2日も3日もやっていたので、
3日の日は広場でのさんさ見物。

昼の光の下でのさんさは色が鮮やかでとても好きです。

ただ広場のステージが日向と日陰に分かれていたので
写真撮るのは難しかった^^;




a0296897_0254371.jpg


a0296897_0255510.jpg


a0296897_0261491.jpg


a0296897_0265973.jpg


a0296897_0265258.jpg


a0296897_0271941.jpg


a0296897_0274431.jpg


a0296897_0284169.jpg


a0296897_029135.jpg


a0296897_029825.jpg




3年前に六魂祭でさんさ踊りを初めて見た時から、
いつか岩手で本場のさんさ踊りを見たいと思い続けていたわけですが、
今年になってついに見に行くことができて、
それは思っていた以上に楽しいものになりました^^

盛岡は都会で、駅前には何でもあるのでふらっと行っても大丈夫な土地ですね。
今回は長期での東北旅行のスタートとして行った盛岡ですが、
今度は短い期間でも気軽に行ってみたいと思いました。

岩手県、とても好きです^^
三十三あるからさんさ、なんて説もあるくらいで、
伝統さんさを見て、さんさにも色々あるのだなと知りました。

そのどれもが面白くて、さんさは見飽きないですね。



a0296897_23514336.jpg


a0296897_2353621.jpg


a0296897_23524829.jpg


a0296897_23532145.jpg


a0296897_23532767.jpg


a0296897_23541041.jpg


a0296897_23535216.jpg


a0296897_23541918.jpg


a0296897_23543944.jpg


a0296897_23552681.jpg

ここでもミスさんさの出番がありました。

前半が終わって休憩を挟んでミスさんさとミス太鼓のステージが始まりましたが、
いきなりものすごいスモークがステージから溢れてきて度肝抜かれます。

それにしても、ミスさんさとミス太鼓は伝統さんさのチームに所属している人から選ばれでもするのか、というくらいにさんさが上手い。

特にミスさんさの滑らかな手の動きには惚れますね。

一般チームでは、こんなふうに手を使えない踊り子さんも多いので
彼女たちは本当にすごいし、岩手まで見に来たいと思わせる魅力があります^^




a0296897_2341613.jpg


a0296897_2351739.jpg


a0296897_234558.jpg


a0296897_235429.jpg


a0296897_2352535.jpg


a0296897_2362097.jpg


a0296897_2355737.jpg


a0296897_236714.jpg


a0296897_2362958.jpg


a0296897_2363964.jpg

2日の日

バスで盛岡について、祭りは夕方からなので城跡に行ったりして午前中は駅近くを観光しました。

そして昼頃からは市民会館での伝統さんさのステージを見に行きました。

ここでは10チームくらいので伝統さんさのチームの演目と、
岩手のメジャー歌手、臼澤みさきちゃんのミニライブがあります。

最近さんさ里唄を聴いて、臼澤みさきちゃんのファンになったのでこれは見逃せない、と会場へ。

すでにできていた行列の後ろに並んで入館したのですが、
大きなホールでは映画館同様意外と最前列が空いていたので、最前列へ。

ミニライブもさんさも近くからガッツリ見ることができて最高でした^^


a0296897_22521148.jpg


a0296897_22522252.jpg


a0296897_22523142.jpg


a0296897_2253836.jpg


a0296897_225317100.jpg


a0296897_22532814.jpg


a0296897_22533652.jpg


a0296897_22534966.jpg


a0296897_22541115.jpg


a0296897_22543483.jpg