カテゴリ:フクロモモンガ( 13 )

今朝、モモンガが亡くなりました。

かなり衰弱していて、それでも動くのでカゴの中に入れて登って落下、とかなったら危ないので
広いカバンに布を敷き詰めて、中に水とエサとミニ湯たんぽも入れて枕元に置いて昨日は睡眠。

今朝起きてすぐに覗き込んでみたら、布の中に潜り込んで眠ったまま固くなってた。

覚悟はしていたので仕事に行くことはできたけれど、
悲しみに耐えられても辛いもので、
夜行性でいつもすれ違いで、水とエサをやる使用人のような接し方ばかりでも
家族だったなと実感湧いてくる。
いなくなると寂しい。

主がいなくなった大きなカゴ
いつも姿は見えなくてもガサゴソいってた音もなくなって
少しずつ心に穴が広がってくるのを感じる。

ペットが亡くなるというのは何度経験しても悲しい。


亡骸は仕事にいっている間にどう供養するか考えることにして
職場で仕事しながらネットでいろいろ調べたりして、
理想は火葬してもらって、お骨をもらうのがいいのかなと考えたりしたけれど
どうにも離れられる気がしなくて、賛否別れるプランター葬というものをしてみることにした。

仕事帰りに園芸コーナーで大きめのプランターと、土を買って、
それから花屋で花を買って、花びらを敷き詰めた上にモモンガの亡骸を乗せたらそれがすごく綺麗で。
なんかいろいろこみあげてきて、しばらく話しかけてから土を被せて、小さな植物を植えて、
これで綺麗に土に還ってくれたらいいなと思う。

もし何か問題が発生したら実家の庭に埋めに行くことにしよう。


モモンガがいなくなって、今とても静かで、
たぶん生き物が自分しかいない生活の寂しさにこの先負けそうな気がするので
そしたらまたモモンガ?を飼うのかな。

モモンガが亡くなったのは、いろいろ調べてみるとやはり温度管理ができていなくて
低体温症にさせてしまったことが原因とほぼ確信。
去年までよりむしろ温かな巣箱を用意していたつもりでも、全然間違っていたようで
飼育者としてのミスをひたすら反省。

もしまたモモンガを飼うとしたら、今度は同じミスを繰り返さないように。
自戒の念をこめて。

久しぶりのブログが悲しい話で申し訳のだけれど、
モモンガが亡くなってしまいそうで、かなり衰弱してしまっている。

もう6歳近いと思うので、寿命的なものもあるのかもしれないけれど、
大事に飼えば15年も生きる、なんて見ると飼い主として反省することが多い。
もっとああしてやれば、こうしてやれば、なんてこういうときにはほんと思うものだ。

今朝病院に連れて行って、内服薬のシロップをもらって
舐めさせてはいるものの、夜になるにつれて弱ってきているようで
ペースト状のエサなら少しは食べるけれど好物を見せても無反応。
食事も取れなくなってきたのか。

そろそろ覚悟しないといけないのかな。と
思いたくないけれど思わないといけないのかもしれない。

せめて最後を看取ってやりたいけれど、仕事も忙しい時期で
働きに行かないといけない自分が嫌になる。

もっともそんなことにはならず、何事もなかったかのようにすっかり元気になってくれたりすればいいのだけど。

この冬はいろいろ工夫して温かく過ごせるようにしたつもりだったものの
何度も半冬眠に入らせてしまったのがきっと悪かったのだと思う。

とにかく元気になって欲しいな。


今日は珍しく明るいうちから出てきたので、
ミカンを向いたらすぐに反応。

ミカンを2房も食べました。

a0296897_19163879.jpg
a0296897_19163341.jpg

こないだの寒波で、東京は雪は降ったらしいと聞いたものの見てはなく、
雪の影響はなかったもののただひたすらに寒くなっていました。

それでも人間はまだいいものの、
職場から帰るとモモンガに出てきた気配がなく、
ポーチの寝床に手を入れてみたら丸くなってて体が冷たい。

まさか凍死したのでは、と一瞬焦ったものの
硬直してるほどではないので、おそらく体が冬眠状態になってしまっているのだろうと判断。

これで春まで気持ちよく寝て過ごします、だったらいいのだけど
本来冬眠の習性はない生き物のはずなので、寝かせていたら衰弱してしまいそうなので
温めて起こすことにしました。


a0296897_00045195.jpg

とはいっても手で温めるにはこちらも冷たい、、
というか基礎体温負けてると思われるので
湯たんぽの上に寝かせてみる

a0296897_00144288.jpg

伸びてきた。

こうして背中いっぱいにつけて寝てるのは
温かくて気持ちいいのか?

といっても熱くなりすぎても危ないので
目は離せません。

a0296897_00164839.jpg
ゆっくり温めているうちに、
だんだん手足も伸びてきて復活したかな。

体の動きは鈍いものの握力はしっかりしているので
ちょっと安心しました。


a0296897_00183231.jpg
次の休みのとき、ペットショップで木の巣箱を買ってきて
中に発泡スチロールを仕込んだ上に布を張ってボアを張って
温かい巣箱を作ったら今は快適なようで、
外が寒くても指を入れてみると中は温か。

モモンガもしっかり食事をとっているようで
ひとまず安心できました。
これで冬眠状態になったり衰弱せずに冬を越せそうかと。

しかし居心地がよいからなのか、
なぜか近づくと威嚇されるようになったのが新たな悩みかも。


ミカンあげると喜ぶのでまあいいんだけど^^


35mmのレンズは、ツァイスと、16-35mmのズームの2本持っていますが、

ツァイスはMFなので絞りを開くと肉眼ではピント併せに限界が…(含老眼。。
16-35mmは開放F4なので暗い。ついでにでかい。

などとそれぞれにここ一番で弱点が大きかったので
意を決してsigmaの35mm1.4を購入。

中望遠マクロとか望遠単焦点とか便利ズームとか、いろいろ欲しいものはあったのに、
35mmが3つ目ってことに。


まあ広角(標準?)で明るいレンズでないと得られない表現て、確実にあると思うので
買った以上はそれを(元を取るべく)追求していきたいと思う。


そして試し撮りは食事中のフクロモモンガ^^

かなり暗い中でも1.4なら撮れる、ということをやりたかったのに
うっかり三脚つかったので絞っても良かったじゃん、という何もならない写真になったのだが、
評判の1.4での解像度はさすが^^

と思ってよく見たら1.6で撮ってたが、、まあいいや。

これは即戦力レンズとして楽しみ。


モモンガ食事中なので顔振り回していて、ピッタリ止めて撮れなかったけど
描写は充分です。


a0296897_2295299.jpg

寝床に手を入れて、そっとすくいあげたら
案外気にすることも無く、手の上で丸くなってた。

顔が見えないとまんま毛玉


a0296897_048293.jpg

久しぶりにモモンガの爪切りをした。

素材とか、なるべく爪のひっかからなさそうなものを選んでるんだけど、
それでも爪が伸びればあちこちひっかかるようで、
こないだ足を引っ掛けているのを見て、いい加減切るしかないなーと。


そこで爪切りアイテムのポーチをカゴに投入

するとすぐに中に入って寝た。笑。

なのでポーチごと取り出して、上からご対面


a0296897_22123073.jpg



手とか足とかつまむと振り払ってはくるものの
なるべく意識されないようにそっと摘まんで爪を切る

途中途中でアゴの下とかゆっくり撫でて、リラックスしてもらいながら
長期戦でチョキチョキと。


a0296897_2214156.jpg



久しぶりに切った爪、やっぱり予想以上に伸びていて
これは引っかかるよなーと。

爪が削れるっていうので木の枝とかたくさん入れてはいるんだけどね。
なかなか自然に削れるというのは難しいようで。


そして15分くらいかけて、なんとか全部の爪をちょっとずつ切ることに成功

これで爪引っ掛け事故が防げるといいな。


a0296897_22162935.jpg

珍しく昼間に部屋にいたところ、とてもいい日差しが入っていたので
夜行性で寝ていたモモンガをおやつで釣って写真撮らせてもらいました。

a0296897_22324112.jpg


a0296897_22324855.jpg



暗くならないと活動しない夜行性なので、
顔をちょこっと出したぐらいながら、逆にそれが可愛げあっていいかも^^

最近買った50mmF1.4
開放で露出オーバー目に撮ると、布団の上でもよい感じに
雰囲気写真になりました。
a0296897_0372590.jpg



フクロモモンガ

最近は温かくなってきているので、たまにこういう涼しげなところで寝てます^^

いつまでもポーチじゃ暑いもんな。


今日は午前中に地元の病院に行って咳止めの薬をもらってきました。
予想どうり( ̄∀ ̄)嵐のような天候のため、病院はガラガラですぐに診察してもらえて、聴診器当ててもらった結果喘息も肺炎も無し。

熱も36度8分でそれほどないので風邪でしょう〜と

ポンタールっていう愉快な名前の薬をもらったので咳もすぐに止まればよいのだが。
家に帰ったらモモンガが妙な格好で固まってました


a0296897_0421168.jpg



何しとる〜?と近寄って見れば爪が寝床の布に引っかかってしまってた様子。

そういえばかれこれ2〜3週爪切ってなかったっけ。



一旦引っかかった爪を外してやって、部屋の電気をつけてモモンガが寝床のポーチに入ったところでポーチごとケージの外へ。


a0296897_044239.jpg



なんだなんだ?って顔して外の様子を伺ってます。


a0296897_0444858.jpg



ほっとくとニョロっと出てくるものの、ちょっと撫でてやればヒュッと引っ込むので、ポーチに入ったところで手を入れてしばらく撫でてやり、落ち着いたところでモモンガの手とか足とかつまんでそっと爪切り。


a0296897_0461843.jpg



ちょっと切っては撫でて落ち着かせて、と繰り返してたら時間はかかったものの大人しく爪を切らせてくれました。^^

これでしばらくは爪も引っかからずに安心かな。