カテゴリ:写真( 4 )

今日から表参道のTOBICHIでやっている、川島小鳥写真集展示販売展に行ってきました。

未来ちゃんが強力なインパクトで印象付けられましたが、雑誌の料理などの写真も好きで、全体的に雰囲気が全て好きなのかな、と。

地図を頼りに表参道A4出口から出て、大通りと反対方面に道なりに進むも、地図に載っていたプラダなどのお高い店はおしゃれすぎて見つけられず、都会は難しいです。笑。
でも方向は合っているだろうと歩き続けて、目印の小学校を見つけて一安心。すんなり会場に着くことができました。

a0296897_23083357.jpg

建物の中は狭いので、見るものがたくさんというものではないものの、
手書きの台湾話が面白かったり、全体的に手作り感のある作りや、
手書きやキラキラしたホロを背面に敷いたプリントの展示など、
安心感のある居心地のいい会場でした。

あと2階で飲ませてもらったパイナップルジュースがとても濃く、
美味しかったです^^
入れてくれたクラフトの紙コップがとてもおしゃれで、
さすがは都会、って感じ。


2階の展示をゆっくり見てから、写真集と
未来ちゃんのクリアファイルを見つけて購入。

a0296897_23333705.jpg
これかなりいい
家宝にします^^

写真集「明星」も、普通じゃない製本が、見れば見るほどものすごく、
物体としてすごく気に入りました。
やっぱり縦は縦、横は横に見たいから、本として無理があってもこれが正解だと思う。

未来ちゃんにしても、明星にしても、
すごく面白い写真が多くて、でも見ていてほどよい距離感と安心感があって
とても好きです。

やはり見に行ってよかったな、と。
いい学びになりました^^


CP+

31日から始まったCP+を見にパシフィコ横浜まで行ってきました。

a0296897_129380.jpg



毎年のこととはいえ、土日のCP+はすごい数の人が来るのでみなとみらい駅からパシフィコまでの道は、カメラをぶら下げた人でいっぱい。

ここに来ると世の中はカメラマンだらけなんじゃないだろうかと思いますね〜


a0296897_13437100.jpg



会場の中も人でいっぱいで、でもブースもいっぱいなのでさすがに楽しいです。

NIKONを使い始めてからあまり情報を仕入れていないPENTAXは、560mmレンズを出展。
K-5Ⅱにつけて三脚に乗せて、ファインダーを覗けるようになっていたので見てきました。

APS-Cの560mmだと、換算840mmですか?
30メートルくらい離れた人の顔が大きく見えてすげ〜!
すごすぎて何に使えばいいのかよくわからないけれど、やっぱ鳥かな?
これがあればよさこいとかの場所取りもいらないんじゃね?なんて一瞬頭をよぎるも、いざ持っていったら絶対使いにくいな。^^;

それよりPENTAXにもはやくフルサイズを出して欲しいね。
去年はK-01の田中先生トークイベントででちらっとフルに触れていたけれど、今年は動きあったんだろうか。


ちなみに毎年恒例?のPENTAX100色展示、今年はQが並んでました。

a0296897_1483249.jpg


やっぱPENTAXはこれですね〜^^


NIKONのブースは混雑してるのであまり良く見なかったけれど、レンズがものすごい並んでました。

トークイベントではNIKON1の良さをカメラマンの先生が解説。
AFが優秀で、秒15コマ。ピント固定なら秒60コマとか撮れるらしいですね。

NIKON1はすごいとは聞くけれどやっぱりすごいらしいです。

でも自分はまずはもうちょいFマウントのレンズを増やさねば。



そんな心境に突き刺さるようなトークイベントがタムロンブースでやってました。

タムキューの新型を使った料理撮影

タムキューは旧型をPENTAXでは持っていて、NIKONでは持っていないんだけれど新型はしっかりと進化してたんですね〜

ピント合わせるのにレンズが伸びないし、F32まで絞れるし、F5.6くらいまでは円形ボケで、作例を見ると料理を撮るにはホント最適なんじゃないか、と思えた。
新旧タムキューの撮り比べ写真では、新型の方がちょっとだけ被写体が大きく映るという特徴があるのと、コントラストが強いというのも変化アリ。

ネットの評価では特徴的だったボケが固くなったと評価を下げていたけれど、個人的には十分に綺麗じゃないかと。
あと気のせいかもしれないけれど、気持ち色が鮮やかに写っているように見えたのと、同じ絞りでも被写界深度が深くなっているような気が。
でもこれはコントラストが強くなったからそう見えただけかも。

それと2線ボケが出にくいので、やっぱ料理撮るには向いてますね〜タムキュー

うっかり欲しくなったけれど、他にも欲しいレンズあるしなあ。
ああレンズ沼にはまりそう^^;


今年のCP+では自分が写真を撮ることに力を入れ始めたせいか、いろんなセミナーや参考作品に心惹かれました。
やっぱり人がどうやって撮っているのかを聞くのは興味ありますね。

とはいえCP+といえば、やっぱコンパニオンの綺麗なお姉さんでしょう。


自分も写真の小難しいことを考えてみようとか思いつつ会場を歩いていても、コンパニオンさんに遭遇すると頭の中は「ヒャッホー!」だけです。笑。


この日は誰もがカメラ小僧〜なことになって、どこのコンパニオンさんにもすごい人垣


a0296897_264979.jpg



傍目にはあまりの煩悩のほとばしりに引きつつ、自分もしっかり中に入り込んでLET'sカメラ小僧〜
しっかり煩悩を画像として残してきましたが、我ながら本当に煩悩だけの写真を撮ってきてしまったのでとても公開できませんです。^^;


しかし各メーカーのブース、カメラマンが撮って楽しみつつカメラも宣伝できるようにいろいろと考えて楽しいブースにしてましたねー

カシオはスポーツ綱渡り?の実演を撮れるコーナーを作ってました。


a0296897_2115329.jpg



こちらはSONY
モデルさんで製品の試し撮りコーナーなんだけれど、毎年モデルさんもセッティングもカッコイイんですね。^^


a0296897_21697.jpg


a0296897_220527.jpg




NIKONではNIKON1の試し撮りコーナーがダンサーのフリーのダンスになってました。


試しにD600で撮ったら失敗しました。笑。

a0296897_2165396.jpg



普段使わない外付けストロボに振り回されてます。
やっぱりちゃんと使い込んでから持ってこないとだめですねー。

でもこうして実践で試行錯誤できるのは勉強になりますね^^


撮れるものが多いのでつい撮る方に夢中になってしまい、あまり展示とかイベントとか見られずに帰ってきましたが今年のCP+も盛り上がっていて楽しかったです。
昨日から新しくなった東京駅に寄り道してきました。

夜はライトアップがされているそうで、それがまた好評なようで、これは見に行かないわけにはいかんてものです。


a0296897_23172951.jpg



さすがにお披露目したてだけあって、駅の周りにはカメラを持った人でいっぱい。
中には三脚を持った人もちらほらいましたが、自分もそれほどではないけどミニ三脚はしっかり用意。

綺麗な夜景はなるべく綺麗にとってみたいですからね。


しかし、ミニ三脚は路上に立ててローアングルで撮っている分にはよいのだけれど、高所から見ようとビルのテラスなどに行くと、立てる場所が無くてダメですね〜

しょうがないので手すりに押し付けて、ブレないように頑張って抑えて…みたいな方法で撮影していました。


それでもけっこうブレずに撮れたものもあって満足だったり。
もっともブレてしまった写真の方が大多数でしたが。


a0296897_23221886.jpg


a0296897_23223261.jpg


a0296897_23224018.jpg



D600はまだレンズをあまり持っていないので、広角は35mm一本だけ。
なので駅舎を広く入れたいと思っても、こればかりはどうにもならず、でやっぱり広角レンズが欲しくなりました。

マニュアルの28mmか24mmでも買おうかな〜なんて思うけれど、昔の単焦点と最近の広角ズームはどちらがいいのやら。
実は17-50mmのズームがよかったりするのかなあ。


東京駅は駅舎に限らず周りの建物も目に入るものすべてが被写体の魅力を持ってますね。

丸ビルの裏の通りはもうイルミネーションが始まっていて笑いました。さすがに早いだろ。
それとも年中やってたりして。


a0296897_23275927.jpg



他にもショーウインドーがどこもかっこいいですねー
いろんなショーウインドーを回って写真を撮り歩きたかったです。

a0296897_23291070.jpg



しかし時間が無くて泣く泣く帰宅。

また週末にでも、もう少し時間を撮って東京の夜景を撮りに行ってこようかと思います。
都会のゴミゴミした電線を望遠で撮ると、それはもうごっちゃりしたことになると聞いて、ごっちゃりしてそうなところに撮りに行ってみました。

持っている望遠が60-250なので、250mmでのごっちゃり写真

これがもっと望遠だとさらにすごいんだろうな。


a0296897_21504780.jpg