カテゴリ:旅行( 23 )

10月末くらいだと猿もあまり温泉には入らず

でも美味しいのか、お湯を飲んでる猿は
ちょくちょく現れ、

そんな中で小猿の悲鳴が聞こえたので見てみると、
温泉に落ちそうになった?らしい子ザルが
親ザルに駆け登ってた。

あんまり見かけないしがみつき方がちょっと面白い^^


a0296897_22202966.jpg

長野地獄谷のニホンザルが入る温泉を見に行きました。

渋温泉から歩いて40分くらいで行けたのだけど
人用ではなく車用の道を行ってしまったようで
舗装されているとはいえ上り坂続きで
朝からけっこうな登山

8:30くらいには地獄谷野猿について、
さてサルはいるかな、と期待して受付に行ったら
サルはまだ山から下りてきていないということで
その後1時間くらい待つことに。

ほぼ外人、の大勢の観光客と一緒に待ち続けて
山の上から猿が下りてくるのが見えたときは
ちょっとした感動がありました。笑。

その前日は猿が降りてこないまま終わったようなので、
運が良かった、というか
そもそも前日来る予定が二日にまたがってしまったので
本当はついてなかったのか、

どちらであれ、こうして野生動物を見ることができたのは
苦労した分の喜びがあったというものです。

a0296897_21034579.jpg


朝、けっこう冷え込んだのだけど、
温泉街の床はポッカポカで、
猫が住むにはいい街だなと思った。

a0296897_00072164.jpg

長野から電車でしばらく移動して、
湯田中駅へ。

そこから30分くらい歩いて渋温泉という
温泉街に宿泊しました。

ここは宿泊すると九つの外湯に入れるので
夜の人のあまりいない時間帯にゆっくりと外湯めぐり

普段風呂でも湯船にはあまり長く入れない暑がりなのだけど
温泉は体に染み込む感じがしてゆっくり温まれました。

どこも湯加減がちょうど良かったけれど、
普段は熱すぎて入れないらしいので
誰かが薄めに薄めて丁度いい湯加減になっていたんだろうな。


一通り外湯をめぐって、その帰り、
千と千尋の舞台のモデルの一つと言われている
金具屋さんを外から見学。

いつか泊まってみたい立派な旅館でした。



a0296897_00180739.jpg

a0296897_00181781.jpg

a0296897_00182688.jpg

a0296897_00183586.jpg

a0296897_00184429.jpg

a0296897_00185384.jpg






善光寺の裏の方に回ってみたら
紅葉した赤や黄色の葉がたくさん。

まだ東京ではあまり紅葉も目にしなかった頃だったので
ここぞとばかりに撮っていました。


a0296897_01191459.jpg

a0296897_01193363.jpg

a0296897_01194552.jpg

a0296897_01195734.jpg

a0296897_01201181.jpg






10月下旬
遅い夏休みを取って善光寺に行ってきました。

何年ぶりに来たのか、、
前に来たのは御開帳の時で、10年以上前

あの時は善光寺はかなり大きく感じていたけれど
今年はあまりそうは感じなかったな。

どちらかというと親しみやすい感じで、
木の素材丸出しの建物の作りも
スケールの大きさより安心感があって居心地よかった。

割と長い時間を善光寺で過ごして、
安定のおやきの買い食い。

長野で食べるおやきは美味しかった。

a0296897_00425346.jpg

a0296897_00430822.jpg

a0296897_00431660.jpg

a0296897_00432437.jpg

a0296897_00433211.jpg

a0296897_00434047.jpg






三十三間堂を見終えて、そのまま祇園へ


a0296897_2375699.jpg


祇園は前回京都に来たとき、一生懸命観光地を廻って廻って、最後に疲れて祇園でぼーっとしてたらそれが一番いい思い出になった、というまったりスポットです。


結局この日も貴船だ三十三間堂だ、と密なスケジュールで走り回っていたので、祇園では心穏やかに。
ぼーっとしながら(カメラはしまえない)散歩してきました。

a0296897_23113663.jpg


a0296897_23114572.jpg


a0296897_23115684.jpg


a0296897_23121827.jpg


a0296897_23122826.jpg


a0296897_2312377.jpg


a0296897_23124656.jpg



あ〜まったり(^-^)

どうしても撮影旅行となると撮りたいものを全部追っかけすぎて仕事してる時よりハードになりがちなので、
こういうまったりした場所でのんびりする時間を作るのは大事です。

むしろこういうのが旅行の一番の思い出になったりするし。


祇園の町はやや夕方についたのがよかったのか、あちこちから夕日の光が差し込んできていてとても綺麗でした。



そして夜

a0296897_2315145.jpg



再び祇園の町を歩いて

a0296897_23154154.jpg



清水寺へ

実はこの時期、清水寺が夜のライトアップをしているので、最後にそれを撮るのが目的でした。


京都の歴史ある建造物でもライトアップとかするんですね。
ただでさえ圧倒的な清水寺の舞台

夜にライトアップされた姿は予想してた以上に神々しくて素晴らしかったです^^


a0296897_23182955.jpg



旅の最後に素晴らしいものを見て、観光としてもかなり充実した夏休みになりました。

年に一度の長期旅行。
普段あまり遠出のできない自分には、ものすごいリフレッシュ^^

これで東京帰ってからもしばらく心身充実して過ごせそうなので、また仕事も趣味もがんばっていきます♪
今年の夏は高知〜徳島と休む間もなく写真を撮りまくっていたので、1日くらいゆっくりできる日も作りたい、と東京へと戻る前に1日京都に寄ってきました。

のんびりと風景でも撮りながらぼーっと過ごそうという計画


しかしカメラを持っていると下心が抑えられずに、まずは行ったことのない貴船神社へと撮影散歩

ここは京都の観光を検索したら一番アクセスの多い場所だったので、それで知ったのだけど、混んでるだろうなーと思って行ったら予想以上に混んでました(><)

まあパワースポットで景色が素晴らしくて縁結びで川床で、
一度は行きたい要素に満ち溢れているから無理もない。


a0296897_2241257.jpg


貴船は電車で貴船口まで行ってそこから2kmくらいだったか歩くんだけど、自然が素晴らしくて気持ちいいのでその道のりも苦にならない…はずが車多すぎ

写真は極力車のいないタイミングを見計らって撮っていたけど実際は歩行客がまともに歩けないくらい車で大渋滞〜

a0296897_22442011.jpg


排気ガスの中を歩く自然散策は立派に苦痛でした。。

せっかく景色が素晴らしいのだからゆっくり見ながら歩いていけばよいのに、と思ったりもするけど、まあそれぞれ都合はあるのでしょう。

しかし車の多さを除けば本当に一度は来るべきところだなーと心打たれたのでした(^-^)


a0296897_22463421.jpg


a0296897_2355681.jpg


a0296897_22464815.jpg



ここは有名らしく、川の上に作った床の上で食事ができるんですね。
暑い日だったので見てるだけでも涼しくて、正直ものすごい羨ましかったです^^;


a0296897_22474520.jpg



しばらく歩いて貴船神社に到着して、それではお参りでも、
と周りを見回したらすでに長い長い行列が…

心折れかけて出口の方を見たら、数百メートル先に縁結びのお参り場所ありの案内を発見!

それではせめて縁結びをば!
と出口を出て10mほど縁結び方面に向かってみたものの、
車が詰まりすぎてて人間が通れるスペースが見つからないレベルで、、


さくっと良縁を諦めて駅に戻りました。
この諦めの良さが今の境遇に繋がっているんだろうと思う。


そして急いで京都方面へと戻って、京都に来たら必ず行きたい三十三間堂


a0296897_2252321.jpg



ここの仏像は実在感ありすぎて、何度見ても圧倒されます。

西洋美術館なんかの彫刻もすごいんだけど、木から掘り出したこれらの仏像は自分の中では存在感がはるかに上で、何か心が揺り動かされる感じ。
実際彫刻としてもすごいですね。木でできている体の骨格や指とか、まるで本物のような質感さえ感じます。


それらが二十八部衆全部いるし、後ろには1000体いるし、魂が揺さぶられないはずがないっていう
京都でも一番好きな観光地かも。

中の写真が撮れないのだけは残念だけど。


a0296897_234236.jpg


a0296897_2341160.jpg

演舞場で桟敷席での見物が終わって、ちょっと物足りなかったので駅に戻りがてら路上での阿波踊りなどを見て歩きました。

a0296897_221217.jpg


桟敷席だとごっちゃり押し寄せてくる隊列が見られて、それはそれで阿波踊りの見どころだとは思うんだけど、やっぱり距離が近いところで見るほうが好きだな。


a0296897_22214.jpg


a0296897_2221170.jpg


a0296897_2222069.jpg



実はどこかの演舞場の桟敷席にさしかかる前の入口あたりなんだけど、
こちらの方がよく見えるし熱気も伝わってくる(^-^)

もっともスタート地点なので、踊りはじめの姿しか見られないっていうのはあるので
全部見たい人は桟敷席から見るのがいいんだろうね。


a0296897_2255288.jpg


a0296897_2255950.jpg


a0296897_2261291.jpg



そして30分ほど離れた駅に取ったホテルにチェックインしなくてはならなかったので、そろそろ駅へと戻ります。

最後にもうちょっとだけ、駅前の路上の阿波踊りとか覗いてみたりして。


a0296897_2281737.jpg


a0296897_2282520.jpg


a0296897_2283344.jpg



これで今年の四国の祭りは見納めになったのでした。

10日〜13日までの4日間
撮影枚数は1万枚を超えて、もう祭りはお腹いっぱいくらいにどっぷり浸かってきたんだけど、
もう来年が楽しみになっていて。

長い旅行なんて年に1度のことなので、沖縄だ!いや東北祭りだ!と毎年悩みながらも、たぶん来年も四国に来るんだろうなーと思ったり。


a0296897_22123862.jpg

13日は夜の有料桟敷席で阿波踊り見物をしました。

せっかく年に一度の遠出なのでねー。
桟敷席からじっくり見てみたかったのです。

チケットは奮発してS席!
といっても2000円なので外野自由席で野球見るくらいの奮発ですな。



S席

a0296897_0294339.jpg



狭っ!^^;

観客席も抜群に狭いけど、踊るスペースもかなり狭い。
狭い×狭いなので


a0296897_0313434.jpg



見ずれっ!^^;

前の人たちの頭で踊り手さんが半分見えないではないですか。

せっかくのS席なんだけど、これはむしろ失敗だったかも(><)
駅前の道でやってる踊りの方がよく見えるな。

たぶん有名連とかがたくさん見られるとか、そういうメリットが桟敷席にはあるんだと思うけど
有名連も知らないからけっこう残念状態になってました。


向こうから近づいてくる隊列はよく見えないので
正面の踊り手さんの横向きを撮ってみたり


a0296897_0365478.jpg


a0296897_037235.jpg



ん〜
そもそも狭い道が混みすぎててあんまり踊ってるようにも見えないかも

いろいろ惜しいなー


と日が暮れるまで悶々としていたら

a0296897_0401523.jpg


a0296897_0402574.jpg



夜になって明らかに活気溢れた連がやってきた!

阿呆連だそうです。


女性も男性も奴凧をやって見せたり、
これこれ!見たかったのこれ!っていう阿波踊りを見せてくれました^^

阿呆連のおかげでやっと阿波踊りテンションアップ!

楽しくて、一発でファンになりました。
阿波踊りはまだ連を覚えてないけど、阿呆連は要注目ですね。


a0296897_043646.jpg


a0296897_0431316.jpg


a0296897_0432017.jpg


a0296897_0432844.jpg